2012年2月20日 (月)

かき小屋 Jackpot 祐天寺へPart2

前回からの続き。カニを食べると無口になるというけれど、牡蠣を焼くのが忙しくて、みんな無口に。

続いて開けたのはジーニのソアヴェ。ジーニは、ピエロパンやアンセルミ、イナマなどと共にソアヴェのトップ生産者の一つ。

ジーニを飲むのは久しぶりで、高島屋のフェアで試飲しておいしかったので買ってみました。ちなみにトップキュヴェのサルヴァレンツァも飲んだけれど、今飲むならスタンダードのこちらの方がおいしいと思った。

2010 Soave Classico(GINI)
ソアヴェ・クラシコ(ジーニ)
Veneto, Italia - 白辛口

前回ワインの味がわからないと書いたけれど、気づいたのはこのワインを飲んでから。先日試飲したばかりだったのに、ワインがあまりにも無表情なので愕然。スパークリングは勢いで飲んだけれど、これは環境に違いないと確信し、半分だけ飲んで持って帰ることに。あとはビール&チューハイモードへ。

したがって、持ち帰って飲み直したときのコメントに変更。コメントといっても大して書くことが無いのだけれど、

「清らかにして滋味深く、しみじみとおいしい」

薄っぺらいソアヴェでも、ボディのあるソアヴェでも無いのだけれど、軽めのボディながらも品位とうまみがあり、最近のわたしの嗜好(しこう)にジャストフィット。久しぶりのジーニだけれど、幸せな気持ちになる味わいにニンマリ。

ジーニのソアヴェを楽天で探す>

ワインの話はこのあたりで切り上げてお店の話。サイドメニューもいろいろあるけれど、簡単メニューが多いので、やはりここは牡蠣を食べる店。写真では紹介していないけれど、生牡蠣や牡蠣ご飯などもあり、いろいろ楽しめる。

炭火焼きの牡蠣を手軽に楽しめる場所はそれほどあるわけでは無いので、リーズナブルなワインと焼き牡蠣をシーズンに数回は楽しみに来たい。

今回学んだこと
・炭の熱さと、カキを焼く潮の香りで、ワインの細かい味わいを判読するのは困難。ワインを持って行くならば、1000円前後のリーズナブルなものでOK。
・炭火が熱いので、ワインよりはビールやチューハイ、スパークリングかも。

かき小屋 Jackpot 祐天寺へPart1

この日は祐天寺の「かき小屋 Jackpot」へ。詳しいことは食べログなどを見ていただくとして、オイスターバーというよりは牡蠣小屋居酒屋。

ここのお店は面白いシステムで、1人あたり600円払えばお酒持ち込み自由になっている(ただし2時間限定)。また、お通しは500円で蒸し牡蠣がたっぷり。そして炭代がテーブルあたり300円。

お通しの蒸し牡蠣。1人あたり5個くらいある?

ホタテ貝、ジャガ芋 塩辛のっけ

牡蠣ということでスパークリング。日経プラスワンで第四位になったカバ。お酒を持ち込みにすると、ワインを冷やす用のワインクーラーも用意してくれる。軍手も用意してくれるし、このあたりは手慣れたもの。

NV Proyecto Cu4tro Cava(Clos Montblanc)
プロジェクト・クワトロ カバ(クロ・モンブラン)
Cava, Spain - 白泡辛口

席に座っていると、すごく暑いし、牡蠣を焼く潮の香りもすごい!

室温が高いわけじゃ無いのだけれど、冬にもかかわらず炭火の熱気が顔にあたってすごく熱い。また牡蠣を焼く潮の香りが充満している。おかげでワインのディテールがよくわからない。それに気づいたのは次のワインなんだけどね。ということでコメントは省略。まだストックがあるので別の機会に。

クロ・モンブランのスパークリングを楽天で探す>


生野菜サラダ


炭火で焼く殻付きのカキは時価で、この日は1キロ1800円なり(たぶん10個)。安いときは1000円くらいのときもあるらしい。



焼き牡蠣は、網に乗せて片面5分ずつの計10分で焼きがあり。蒸し牡蠣と比べると身は大きく、食べ応えがあっておいしい!

同じ味では飽きるかなと思い、この日のために調達したボウモア。ボウモアの産地スコットランドのアイラ島は牡蠣の名産地で「牡蠣のボウモアがけ」というメニューがある。

個人的には好きだったけれど、ボウモアが個性的な味なので、人によって好き嫌いがあるようだ。

またウイスキー単体で見た場合、アイラ島のお酒は苦手だと思っていたのだけれど、わたしの好みにジャストストライク。家でも飲むようになりました。

つづく。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ