« 2012年2月 | トップページ

2012年3月13日 (火)

2011年印象に残ったワインたち(海外編)Part2

前回からの続きで、今回はリーズナブル部門。

リーズナブル部門
一般部門にはかなわないけれど、5千円以下で―――できれば3千円以下―――とてもおいしいと思ったものを選びました。★が特に印象に残ったものです。

2007 Vosne-Romanee "Aux Reas"(Francois Gerbet)
ヴォーヌ・ロマネ オー・レア(フランソワ・ジェルベ)
 これを飲んでフランソワ・ジェルベ(ゲルベ)に開眼。きれいで、うまみたっぷり。
 →そのときのブログ

2009 Bourgogne Passtoutgrains(Domaine Ramonet)
ブルゴーニュ・パストゥーグラン(ラモネ)
 1本買ってあまりにもおいしかったので、6本追加購入。荒さも残るけれど、今後が楽しみなワイン。だけれど追加購入したボトルは、気のせいか初回ほどの感動はなかった。
 →そのときのブログ

2009 Macon-Vergisson "La Roche"
マコン・ヴェルジッソン ラ・ロッシュ
 一般部門でも取り上げたけれど、09のベルジェ(金線入り)はどれもハズレが無い。
 →そのときのブログ

2009 Macon-Villages "Grand Elevage"
マコン・ヴィラージュ グラン・エルヴァージュ
 →そのときのブログ

2006 Voyou de Katz(Clement Klur)
ヴォワイユ・ド・カッツ(クレマン・クリュール)
 ドイツのカッツを連想させる名前とラベル。だけれど味は本格派。全部で半ケース近く飲んだけれど、もっと買っておけばよかった。
 →そのときのブログ

2010 Moscato d'Asti "Bricco Quaglia"(La Spinetta)
モスカート・ダスティ ブリッコ・クワリア(ラ・スピネッタ)
 スピネッタの赤がおいしいのは知っていたけれど、甘口の白がこんなにおいしいなんて。フレッシュで目が覚める味わい。
 →そのときのブログ

NV Gloria Ferrer Blanc de Noirs
グロリア・フェラー・ブランド・ノワール
 昔から何本も飲んでいる銘柄が、日経プラスワンで1位になって大注目。あらためて飲んでみたけど、やっぱりうまい。
 →そのときのブログ

2007 Quercus Pinot Noir trocken(Allendorf)
クエルクス ピノ・ノワール トロッケン(アレンドルフ)
 ドイツ・ラインガウのピノ・ノワール。インポーター資料による宣伝文句「ドイツのエシェゾー」は違うと感じたけれど、独特の透明感がある艶やかな味わいはおいしかった。
 →そのときのブログ

2010 Villa Maria Private Bin Sauvignon Blanc Marborough
ヴィラ・マリア プライベート・ビン ソーヴィニョン・ブラン マルボロ
 昨年夏活躍した銘柄。キリリと引き締まり、すっきりさわやか。
 →そのときのブログ

次回、日本編に続く。

2011年印象に残ったワインたち(海外編)Part1

遅くなりましたが、昨年のベストワイン紹介です。2010年、2011年と自転車のためダイエット&トレーニングに熱中したこともあり、昔と比べるとずいぶん飲んだ本数が減ってしまいました。おかげで飲んだワインも例年と比べるとずいぶん小粒です。

さらにリーズナブルなものの割合が増えたため、ブログに書いていないワインの割合も増えました。

毎年同じですが、選考基準は次の通りです。

印象に残ったワインという視点でセレクトしています。そのため味わいとしては、今回紹介するものより素晴らしくても、セレクションに漏れているのもあります。また記憶力の問題で、昔に飲んだものほど不利です(笑)。

次の4部門に分けて紹介します。

ベストワイン:
 今まで飲んだなかでもトップ20クラス。涙が出るほど素晴らしい。
 準ベストワイン:
上記には及ばないけれど、きわめて印象に残ったもの。
一般部門:
 ベストや準ベストには及ばないけれど印象に残ったもの。
リーズナブル部門:
 5千円以下(できれば3千円以下)でとてもおいしいと思ったもの。
日本ワイン部門:
 名前の通り日本のワインです。

また当然ですが、ボトル差や環境差、好みの差などもあるので、あくまでもわたし個人の嗜好であり、また開けたタイミングととらえていただけると幸いです。

ベストワイン: 該当無し。これで3年連続。

準ベストワイン: ベストが無いので、こちらが実質的なベストワイン。

1997 Alsace Riesling Clos Saint Urbain RANGEND DE THANN(Domaine Zind Humbrecht)
アルザス・リースリング クロ・サン・チュルバン ランゲン・ド・タン(ツィント・ウンブレヒト)
 今まで半ケース近く飲んでいるワインだけれど、さらなる成長を遂げて堂々の貫禄。圧倒的な余韻の長さと複雑さは見事。アルザスだけで無くフランスを代表する白ワイン。  →そのときのブログ

1996 Nuits-Saint-Georges 1er Cru AUX PERDRIX(Domaine des Perdrix)
ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ オー・ペルドリ(ドメーヌ・デ・ペルドリ)

 こちらに至っては1ケース近く飲んでいるのだけれど、それにもかかわらず、その恐るべきポテンシャルにびっくり。トップクラスの良年のグランクリュと比較しても、なんの遜色も無い。DRCライクなニュアンスもあり、ブラインドで飲んだら信じてしまう。オーペルドリはプレモーなのに。  →そのときのブログ

一般部門: ここからは一般部門。順序は関係なし。★が特に印象に残ったもの。

1969 Richebourg(DRC)
リシュブール(DRC)
 畏怖堂々なワインでは無いけれど、細いながらも寿命があり、時間と共に複雑さが増してくるのはさすが。古酒の魅力たっぷり。  →そのときのブログ

2004 Nuits-Saint-Georges(Domaine Leroy)
ニュイ・サン・ジョルジュ(ドメーヌ・ルロワ)
 04のドメーヌルロワは、いつ飲んでも開きまくり。同時に飲んだ02もおいしかった。  →そのときのブログ

1997 Clos de Beze(Prieure Roch)
クロ・ド・ベーズ(プリューレ・ロック)
 満開。ロックはばらつきが多いので悩ましいけれど、これは大当たり。  →そのときのブログ

1978 Beaujolais 375ml(Caves du Chateau d'Eroye(Francois Protheau & Fils))
ボジョレー(フランソワ・プロトー)
 まさか78のボジョレーが活きているうえ、さらにこんなにおいしいなんて。それもフランスのマルシェ価格1ユーロ。  →そのときのブログ

1966 Morey-Saint-Denis 375ml(Chanson)
モレ・サン・ドニ(シャンソン)
 こちらは日本で買ったものだけれど、ハーフボトルであることを感じさせないすばらしさ。やっぱり古酒っていいなあ。  →そのときのブログ

1997 Morey Saint-Denis 1er Cru(Domaine Dujac)
モレ・サン・ドニ・プルミエ・クリュ(デュジャック)
 可憐で美しい。ジャック・セイス最後のビンテージ。  →そのときのブログ

2008 Meursault Les Tillets(Domaine Raymond Dupont-Fahn)
ムルソー・レ・ティレ(レイモン・デュポン=ファン)
 モダンで洗練されたムルソー。ACブルゴーニュのショーム・ド・ペリエールはそこそこの人気だけれど、ぜひムルソーもお試しあれ。もっと評価されるべき生産者。  →そのときのブログ

2009 Chablis 1er Cru Fourchaume VV de Vaulorens(Verget)
シャブリ・プルミエ・クリュ フルショーム VV・ド・ヴォーロラン(ヴェルジェ)
 09のヴェルジェは何を飲んでも素晴らしい。シャープでミネラリーで締まった緊張感は、わたし好みのスタイル。  →そのときのブログ

2008 Sancerre Jadis(Henri Bourgeois)
サンセール・ジャディス(アンリ・ブルジョワ)
 アンリ・ブルジョワは好きな生産者だったけれど、このボトルは想像を超えたすばらしさだった。間違いなくサンセール/プイィ・フュメのトップクラスに君臨するボトル。  →そのときのブログ

2005 VdT SPIRALE Vin de Paille 375ml (Stephane Tissot)
VdT スピラーレ ヴァン・ド・パイユ(ステファン・ティソ)
 赤白もおいしいと思っていたけれど、この甘口はさらに素晴らしかった。  →そのときのブログ

NV Benoit Lahaye Blanc de Noir Prestige
ブノワ・ライエ ブラン・ド・ノワール プレステージュ  かみしめる飲み口。ブノワ・ライエは、だいたいどれを飲んでもハズレが無い。  →そのときのブログ

2001 Brauneberger Juffer-Sonnenuhr Riesling Auslese Gold Capsule Fuder#12 (FRITZ HAAG)
ブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウーアー リースリング アウスレーゼ ゴールド・カプセル フーダー12(フリッツ・ハーク)
 うなってしまうおいしさ。さすがゴールドカプセル。近年飲んだドイツワインでは、エゴン・ミュラーの95 AUSオークションボトルに次ぐすばらしさ。  →そのときのブログ

次回リーズナブル部門に続く。

« 2012年2月 | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ