« 2011年印象に残ったワインたち(海外編)Part1 | トップページ

2012年3月13日 (火)

2011年印象に残ったワインたち(海外編)Part2

前回からの続きで、今回はリーズナブル部門。

リーズナブル部門
一般部門にはかなわないけれど、5千円以下で―――できれば3千円以下―――とてもおいしいと思ったものを選びました。★が特に印象に残ったものです。

2007 Vosne-Romanee "Aux Reas"(Francois Gerbet)
ヴォーヌ・ロマネ オー・レア(フランソワ・ジェルベ)
 これを飲んでフランソワ・ジェルベ(ゲルベ)に開眼。きれいで、うまみたっぷり。
 →そのときのブログ

2009 Bourgogne Passtoutgrains(Domaine Ramonet)
ブルゴーニュ・パストゥーグラン(ラモネ)
 1本買ってあまりにもおいしかったので、6本追加購入。荒さも残るけれど、今後が楽しみなワイン。だけれど追加購入したボトルは、気のせいか初回ほどの感動はなかった。
 →そのときのブログ

2009 Macon-Vergisson "La Roche"
マコン・ヴェルジッソン ラ・ロッシュ
 一般部門でも取り上げたけれど、09のベルジェ(金線入り)はどれもハズレが無い。
 →そのときのブログ

2009 Macon-Villages "Grand Elevage"
マコン・ヴィラージュ グラン・エルヴァージュ
 →そのときのブログ

2006 Voyou de Katz(Clement Klur)
ヴォワイユ・ド・カッツ(クレマン・クリュール)
 ドイツのカッツを連想させる名前とラベル。だけれど味は本格派。全部で半ケース近く飲んだけれど、もっと買っておけばよかった。
 →そのときのブログ

2010 Moscato d'Asti "Bricco Quaglia"(La Spinetta)
モスカート・ダスティ ブリッコ・クワリア(ラ・スピネッタ)
 スピネッタの赤がおいしいのは知っていたけれど、甘口の白がこんなにおいしいなんて。フレッシュで目が覚める味わい。
 →そのときのブログ

NV Gloria Ferrer Blanc de Noirs
グロリア・フェラー・ブランド・ノワール
 昔から何本も飲んでいる銘柄が、日経プラスワンで1位になって大注目。あらためて飲んでみたけど、やっぱりうまい。
 →そのときのブログ

2007 Quercus Pinot Noir trocken(Allendorf)
クエルクス ピノ・ノワール トロッケン(アレンドルフ)
 ドイツ・ラインガウのピノ・ノワール。インポーター資料による宣伝文句「ドイツのエシェゾー」は違うと感じたけれど、独特の透明感がある艶やかな味わいはおいしかった。
 →そのときのブログ

2010 Villa Maria Private Bin Sauvignon Blanc Marborough
ヴィラ・マリア プライベート・ビン ソーヴィニョン・ブラン マルボロ
 昨年夏活躍した銘柄。キリリと引き締まり、すっきりさわやか。
 →そのときのブログ

次回、日本編に続く。

« 2011年印象に残ったワインたち(海外編)Part1 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135041/54212988

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年印象に残ったワインたち(海外編)Part2:

« 2011年印象に残ったワインたち(海外編)Part1 | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ