« 見て楽しく、飲んでおいしいプリマテッラ | トップページ | かき小屋 Jackpot 祐天寺へPart1 »

2012年2月16日 (木)

デュブッフのクリュ・ボジョレー

あまりにも一般的であるため、少なくともワイン通のあいだでは人気の無いジョルジュ・デュブッフ―――そもそもボジョレー自体が不人気だけど―――。スーパーオオゼキのセールで980円売っていたので買ってみた。

わたし自身はボジョレー好きで、ヌーボーも好きだし、クリュ・ボジョレーも好き。とくにシャトー・デ・ジャックのムーラン・ナヴァンは必殺剣だと思っている。

また90年代後半にワインを本格的に飲み始めたとき―――少なからず長い間―――もっとも好きな銘柄の一つが、デュブッフのムーラン・ナヴァンだった。そんなことで今でもデュブッフは好きである。

シャトー・デ・ジャックのムーラン・ナヴァンを楽天で探す>
2007 Fleurie(Georges Duboeuf)
フルーリー(ジョルジュ・デュブッフ)

2008 Saint-Amour(Georges Duboeuf)
サンタ・ムール(ジョルジュ・デュブッフ)

飲みごろになっているかと思ったら否。とくにフルーリーは凝縮感が高く、タンニンも残り、よくなるのにあと2,3年は必要そう。

サンタ・ムール(「聖なる愛」の意)はもう開いているけれど、クリュボジョレーならではの品位はある。

惜しむらくは現時点で、大量買いを決断させるほどきらりと光る魅力は感じないのだけど、980円と考えれば十分以上のお味。50% OFF 以上だから当たり前なんだけどね。

でもフルーリーは後学のため、熟成用に何本か買っておこうかな。

« 見て楽しく、飲んでおいしいプリマテッラ | トップページ | かき小屋 Jackpot 祐天寺へPart1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135041/54000318

この記事へのトラックバック一覧です: デュブッフのクリュ・ボジョレー:

« 見て楽しく、飲んでおいしいプリマテッラ | トップページ | かき小屋 Jackpot 祐天寺へPart1 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ