« かき小屋 Jackpot 祐天寺へPart1 | トップページ | 2011年印象に残ったワインたち(海外編)Part1 »

2012年2月20日 (月)

かき小屋 Jackpot 祐天寺へPart2

前回からの続き。カニを食べると無口になるというけれど、牡蠣を焼くのが忙しくて、みんな無口に。

続いて開けたのはジーニのソアヴェ。ジーニは、ピエロパンやアンセルミ、イナマなどと共にソアヴェのトップ生産者の一つ。

ジーニを飲むのは久しぶりで、高島屋のフェアで試飲しておいしかったので買ってみました。ちなみにトップキュヴェのサルヴァレンツァも飲んだけれど、今飲むならスタンダードのこちらの方がおいしいと思った。

2010 Soave Classico(GINI)
ソアヴェ・クラシコ(ジーニ)
Veneto, Italia - 白辛口

前回ワインの味がわからないと書いたけれど、気づいたのはこのワインを飲んでから。先日試飲したばかりだったのに、ワインがあまりにも無表情なので愕然。スパークリングは勢いで飲んだけれど、これは環境に違いないと確信し、半分だけ飲んで持って帰ることに。あとはビール&チューハイモードへ。

したがって、持ち帰って飲み直したときのコメントに変更。コメントといっても大して書くことが無いのだけれど、

「清らかにして滋味深く、しみじみとおいしい」

薄っぺらいソアヴェでも、ボディのあるソアヴェでも無いのだけれど、軽めのボディながらも品位とうまみがあり、最近のわたしの嗜好(しこう)にジャストフィット。久しぶりのジーニだけれど、幸せな気持ちになる味わいにニンマリ。

ジーニのソアヴェを楽天で探す>

ワインの話はこのあたりで切り上げてお店の話。サイドメニューもいろいろあるけれど、簡単メニューが多いので、やはりここは牡蠣を食べる店。写真では紹介していないけれど、生牡蠣や牡蠣ご飯などもあり、いろいろ楽しめる。

炭火焼きの牡蠣を手軽に楽しめる場所はそれほどあるわけでは無いので、リーズナブルなワインと焼き牡蠣をシーズンに数回は楽しみに来たい。

今回学んだこと
・炭の熱さと、カキを焼く潮の香りで、ワインの細かい味わいを判読するのは困難。ワインを持って行くならば、1000円前後のリーズナブルなものでOK。
・炭火が熱いので、ワインよりはビールやチューハイ、スパークリングかも。

« かき小屋 Jackpot 祐天寺へPart1 | トップページ | 2011年印象に残ったワインたち(海外編)Part1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135041/54029157

この記事へのトラックバック一覧です: かき小屋 Jackpot 祐天寺へPart2:

« かき小屋 Jackpot 祐天寺へPart1 | トップページ | 2011年印象に残ったワインたち(海外編)Part1 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ