« 2012年自宅新年会 Part1 | トップページ | 2012年自宅新年会 Part3 »

2012年2月 3日 (金)

2012年自宅新年会 Part2

前回からの続き。


2009 Ch.Carbonnieux
シャトー・カルボニュー
Pessac-Leognan, Graves, Bordeaux, France - 白辛口

個人的には、もっとも安定したボルドー・ブランらしいボルドーブランの一つ。昔は3千円くらいで買えたけれど、調べてみると現在は5千円くらいで、セカンドワインもリリースしている。好きでたまに飲んでました。一番好きなボルドーブランはフューザル。

09と若いこともあるけれど、よいときと比べるとやや小ぶりか。少し猫のおしっこがあり、上品な樽のかかり方。若々しいので、あと数年寝かせてみたい。

シャトー・カルボニューを楽天で探す>


2004 Riesling Singerriedel Smaragd(Franz Hirtzberger)
リースリング シンガーリーデル スマラクト(フランツ・ヒルツベルガー)
Wachau, Austria - 白辛口Recommend

オーストリアを代表する生産者フランツ・ヒルツベルガーの最上級キュヴェ。 ひとくち飲んだ瞬間、素晴らしいとわかる存在感。反論や誤解があるのを覚悟で言えば、アルザス・グラン・クリュが持つ存在感と、ドイツの一流生産者が生み出す繊細さの融合。

13.5%というアルコール度からもわかるように、しっかりとしたボディがあるところはアルザスに似ているけれど、ミッドからアフターにかけては、また違う独特のミネラル感。余韻も長くて複雑。間違いなく偉大なワインの系譜。あと5年10年寝かせたら、どのようになるのか恐ろしい。

オーストリアワインはなかなか手を出しづらいけれど、一度は飲んでみるべき銘柄。ペトリュスを別格とすれば、みんなの今日の一番人気。

フランツ・ヒルツベルガーのワインを楽天で探す>

この店は安い。

沖縄長寿豚のカスレ

しょっぱすぎて汁を一部捨てたり、鍋を焦がして鍋を移し替えたり、波乱があったにもかかわらず、奇跡の出来。うめー! そこいらのお店より断然おいしい。もう一度作って同じレベルに仕上がる自信は無いけれど、また作ってみよう!

次回へ続く。

気が向いたら投票お願いします→banner_01.gif

« 2012年自宅新年会 Part1 | トップページ | 2012年自宅新年会 Part3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135041/53888906

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年自宅新年会 Part2:

« 2012年自宅新年会 Part1 | トップページ | 2012年自宅新年会 Part3 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ